うつ病の正しい知識

リワークプログラムの参加手続き

リワークの参加対象となる方

メンタルヘルスのケアには、個人の状態に合わせた治療法やリハビリが必要になります。
リワークは休職者の復職を支援するためのリハビリテーションですので、それよりも重度な症状を抱えておられる方は、症状に見合った治療をきちんと行なうことが必要となります。

リワークの参加対象になるのは一般的に

  • うつ病などメンタルヘルスが不調であることの診断を受けている方。
  • メンタルヘルスの不調により休職中であり、復職を目指している方。
  • リワークプログラムによって復職できるまでの回復が見込まれると判断される方。
  • 病気の回復期にあって、定期的な通所が可能な方。
  • リワーク参加について主治医の許可がある方。
  • その他、リワーク参加にあたって支障のない方。

となります。
対象となる方がリワークに参加するためには、リワークを実施している機関で登録の手続きを行なう必要があります。

参加登録の流れ

参加登録の流れは、リワークを実施している機関で既に受診しているか、別の医院やクリニックを受診しているかによって若干異なります。

既にリワークを実施している機関を受診されている方は

  1. 受診時等に主治医にリワーク参加の確認をする。(許可を取る)
  2. デイケアスタッフから詳しい内容の説明を受ける。
  3. 必要であればプログラムの見学や一日体験を行なってみる。
  4. 印鑑と健康保険証を持参して登録手続きを行なう。
  5. 参加開始

となります。

別の医院やクリニックを受診されている方は

  1. 受診先の主治医にリワーク参加の確認をする。(許可を取る)
  2. リワークを実施している機関に問い合わせをする。
  3. デイケアスタッフから詳しい内容の説明を受ける。
  4. 必要であればプログラムの見学や一日体験を行なってみる。
  5. 印鑑と健康保険証と受診されている医療機関の診療情報提供所を持参して登録手続きを行なう。
  6. 参加開始

となります。

普段受診している機関とは別の機関でリワークを受ける場合には、転院しなければならないこともありますが、機関によっては転院の必要がないところもあります。


ご紹介した以外にも、治療や回復の過程によって注意する点も異なります。詳しくはかかりつけの医師などにご相談ください。


リワークデイケアの見学をご希望の方は、お問い合わせください。

見学日時のご相談などさせていただきます。
※プライバシー保護などの観点から、プログラム中の見学はご遠慮いただいております。

  • 担当スタッフからのメッセージ
  • Q&A
  • 公的支援・傷病手当金・保険関連