うつ病の正しい知識

うつ病から職場復帰に掛かる時間

職場復帰までの期間について

メンタルヘルスの不調で休職を余儀なくされている方が、自らの不調に気付いてからすぐにリワークへ参加できることは希だと言われています。
リワークに参加できるようになるためには、少なくとも何度か外来通院をし、薬剤の調整をしたり生活リズムを整えたりする期間が必要となるため、職場復帰までの期間はリワークの期間に更に2ヶ月ほどの余裕を持たせて考えるのが妥当です。

リワークの期間について

リワークを実施している多くの機関では3か月から6ヶ月間ほどの時間をかけてリハビリを行い、十分な回復が確認できてから復職するのが望ましいと考えられています。
うつ病などは再発率が高く、慢性化すると職業人としてのその後の人生にも深刻な影響を与える可能性が出てきます。こういった状況を避け、永続的な社会復帰を果たすためには、メンタルヘルスに不調を抱えてしまった方が、復帰後に疲れを溜め込んで欠勤を増やしてしまったりすることが無いよう、ある程度の期間、リワークプログラムの適度な負荷状況下で過ごすと同時に、再発予防策を身に付けることが大切です。復帰後に十分なパフォーマンスを発揮できるようになるためには、個人に最適な形でプログラムを提供する必要があるため、リワークの期間も個人の状態によって大きく変わってきます。

休職期間と回復にかかる時間

メンタルヘルスの不調は、通常の病気や怪我とは異なり、症状や回復の度合いが目に見えません。また、復帰と再発防止のためには自分の精神をコントロールする力を身に付けなければなりません。このため、当人だけでなく周囲も、回復には時間がかかるということを理解しておく必要があります。

休職期間満了まで余裕のない状態でリワークに参加すると、早く回復しなければならないというプレッシャーから、かえってスムーズな回復ができない可能性も出てきます。
企業側でも休職者が余裕を持った状態でリハビリに臨めるよう、復帰期限を念頭に入れた上で復職支援を行なうことが大切です。休職者がでたらすぐにでもリワーク機関のスタッフや精神科医などの専門家に相談し、無理のないスケジュールで復職できるようになるためにはおおよそどのくらいの期間が必要になるかを把握しておきましょう。


ご紹介した以外にも、治療や回復の過程によって注意する点も異なります。詳しくはかかりつけの医師などにご相談ください。


リワークデイケアの見学をご希望の方は、お問い合わせください。

見学日時のご相談などさせていただきます。
※プライバシー保護などの観点から、プログラム中の見学はご遠慮いただいております。

  • 担当スタッフからのメッセージ
  • Q&A
  • 公的支援・傷病手当金・保険関連