うつ病の正しい知識

疾病中の方への接し方

まず、様子が変だと気付いたら、医療機関へ行ってみることを勧めてください。この時、「何か変だから」というようなあいまいな表現ではなく、「眠れないようだから」「食欲も無いようだから」というような具体的な表現で進めてみる事が良いようです。

うつ病の方と接する時に心に留めておく事がいくつかあります。

腫れもの扱いしない
腫れもの扱いする事で、落ち込む原因となるため、普段と変わらずに接するようにしましょう。
励ましたり、元気づけたりしない
励ましたり元気づけたつもりでも、本人は焦ったり慌てたりしてしまう事が多くあります。まずは本人の話をよく聞いて、受け止める姿勢が大事です。本人のペースを優先できるようにしましょう。
重大な決定は後回し
うつ病の方は判断力や思考力が低下している事があります。結婚・転居・退職などの重大な決定は避けましょう。
時々は自分の時間を持つ
その方の事を無理に理解しようとしても、お互いが苦しくなるばかりです。時々はお互いに距離を置き、うつ病の方を客観的に見る余裕を作ることも重要です。

ご紹介した以外にも、治療や回復の過程によって注意する点も異なります。詳しくはかかりつけの医師などにご相談ください。


リワークデイケアの見学をご希望の方は、お問い合わせください。

見学日時のご相談などさせていただきます。
※プライバシー保護などの観点から、プログラム中の見学はご遠慮いただいております。